So-net無料ブログ作成
村上春樹 ノーベル賞 2012 発表 ブログトップ

村上春樹 ノーベル賞 2012 発表 [村上春樹 ノーベル賞 2012 発表]

sponsor link


村上春樹 ノーベル賞 2012 発表

村上春樹 ノーベル賞 2012 発表

村上春樹の受賞なるか? ノーベル賞 2012が本日発表です。


村上春樹氏は
毎年の様にノーベル文学賞受賞を噂されていますが・・・

結果はいつも「落選」です・・・。

しかも「今年は◯◯だから受賞するだろう」との評価が流れ
その上での「落選」(選考漏れと表現した方が宜しいかもしれません)です。

なんでも賭けの対象にしてしまう
イギリスのブックメーカーではオッズは1.5倍の一番人気です。
(ノーベル文学賞候補者約100人と言われています)
だからと言っても「ノーベル文学賞受賞」出来る訳ではありません。

あくまでも期待値です。

一方対抗馬としては、中国人作家の莫言氏が浮上しています。

実は中国、台湾では、村上春樹さんの著作は
中国語で翻訳されて人気があり、
「ノルウェイの森」は特に人気があります。

しかし尖閣列島の問題で一時は、村上春樹さんの著作が
店頭から姿を消しました。

しかしほとぼりが冷めたとは言えないながらも
現在、村上春樹さんの著作は店頭にならんでいます。

村上春樹さんは、東アジアの領土をめぐる問題について、
文化交流に影響を及ぼすことを憂慮するエッセーを朝日新聞に寄せています。
曰く、"「国境を越えて魂が行き来する道筋」を塞いではならない"
との事です。



この発言に共鳴した
中国の作家、閻連科(イエン・リエンコー)氏が、
東アジアの領土問題で国民感情が煽(あお)られる危険な状況を「安酒の酔い」に例えた村上春樹氏のエッセーに共感し
、米紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューンに寄稿しました。(2012年10月6日)
■「安酒」拒んだ村上春樹氏に中国人作家の閻連科氏が共鳴、「共に熱を冷まそう」―中国紙
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20121011/Recordchina_20121011014.html

少なくとも文学の上では国境問題に関係無く
どちらが受賞しようとノーサイドにして欲しいものです。


※残念ながら今年も散々煽られて受賞を逃した模様です。
村上春樹氏また受賞逃す 中国の莫言氏がノーベル文学賞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121011-00000596-san-soci
スウェーデン王立科学アカデミーは11日、
今年のノーベル文学賞を、現実と幻想の世界を融合させた独特の表現方法で
中国の農村生活を描きだした著作などで知られる中国の代表的作家、莫言氏(57)に授与すると発表した。
中国人のノーベル賞受賞は、
2010年に民主活動家の劉暁波氏(国家政権転覆扇動罪で服役中)が平和賞を受賞して以来、2年ぶり。
有力候補とされていた村上春樹氏は今年も受賞を逃した。


sponsor link


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
村上春樹 ノーベル賞 2012 発表 ブログトップ
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。