So-net無料ブログ作成
石井俊治 K-1 ライツコム 倒産 ブログトップ

石井俊治 K-1 ライツコム 倒産 [石井俊治 K-1 ライツコム 倒産]

sponsor link


石井俊治 K-1 ライツコム 倒産

石井俊治社長の経営する格闘技イベントK-1 のライセンス(商標権)管理会社ライツコムが倒産!?

K-1って無くなるの???

5月のこのブログのエントリーでK-1を運営するFEGが破産して
別な会社が経営を引き継ぎ、縮小した規模でK-1は運営されると伝えたのですが・・・。
■FEG 放漫経営 未払い 破産
http://maisengesewanews.blog.so-net.ne.jp/2012-05-16-1

K-1のライセンス(商標権)管理を行う石井俊治社長が経営する会社(株)ライツコムが倒産の手続きに!!

(株)ライツコムが倒産の件は、東京商工サーチの倒産速報に記載されてしまいました。

(株)ライツコム ~元K-1興行会社~
(TSR企業コード:293673225、渋谷区恵比寿2-28-10、設立平成8年2月22日、資本金3000万円、石井俊治社長)
ライセンス管理、グッズ販売
破産開始決定 / 負債総額 現在、調査中

http://www.tsr-net.co.jp/news/flash/1221200_1588.html

このサイトは負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載されていて
今回は、倒産企業として掲載されました。

■詳細:
(株)ライツコム自体の負債総額は約3~4億円だが、(株)FEGからの借入金がある為
 正確な額は調査中との事。

 倒産の経緯は・・・
 ・平成15年2月に当時社長であった石井和義氏が法人法違反で脱税逮捕されたことで対外信用を失う。
 ・平成15年9月興行運営会社として(株)FEGを設立、K-1の業務運営を同社に委託。
  (株)ライツコムはライセンス管理などを行う。
 ・FEGはK-1,HERO'S,DREAMなどの興業規模が拡大するとともに、ライバル団体からの選手引き抜きによるギャラの高騰などで経費負担が年々重くなり、
格闘技ブームの終焉に伴う大会規模の縮小、フジテレビ、TBSなどテレビ放送の視聴率低下、打ち切りに伴うスポンサー離れ等で業績は低迷し、資金繰りは急速に悪化。
 ・平成20年以降には、出場した選手に対しギャラが未払いの状態となった。
  (前田日明氏はDREAMで海外試合に同行時、金に糸目をつけない経営陣にあきれ果て、プロデューサーの谷川氏を叱咤したと雑誌「KAMINOGE(vol.3)」のインタビューで答えています)
【送料無料】KAMINOGE(vol.3) [ KAMINOGE編集部 ]

【送料無料】KAMINOGE(vol.3) [ KAMINOGE編集部 ]
価格:1,000円(税込、送料別)


 ・平成24年3月に債権者から破産を申し立てられFEGは、5月7日、破産開始決定を受けた
 ・平成24年8月15日(株)FEGの倒産の影響から当社も事業継続が困難となり、倒産の措置となった。

■撤退したスポンサーの一つ フィールズのエントリー
三浦力 山本優希 宇宙刑事 画像
http://maisengesewanews.blog.so-net.ne.jp/2012-08-15-4

もっとも事実、K-1やDREAMまして大晦日の格闘技もなくなりビックリはしませんが、
格闘技ブームを牽引していたK-1が無くなるのは寂しさがあります。



sponsor link


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
石井俊治 K-1 ライツコム 倒産 ブログトップ
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。