So-net無料ブログ作成
西原理恵子 生きる悪知恵 いじめ ブログトップ

西原理恵子 生きる悪知恵 いじめ [西原理恵子 生きる悪知恵 いじめ]

sponsor link


西原理恵子 生きる悪知恵 いじめ

漫画家の西原理恵子さんは「生きる悪知恵」という書籍で時には
読者の質問に対し、深いアドバイスをしたり
時にはテキトーな回答(笑)を返しこれが面白いと売れ行きが好調の様です。
そんな西原理恵子さんの夫(故人)は戦場カメラマンで体験談を
「いじめ」を戦場に例え夫の体験談からいじめられっ子の
「生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント」を指南しています。





「仮病(けびょう)を使おう。
そして学校に行かない勇気を持とう。

親に「頭が痛い」とでも言って欠席すればいい。
うそは、あなたを守る大事な魔法(まほう)。
人を傷つけたり盗んだりするのでなければ、うそって大事よ。
これからも、上手(じょうず)にうそついて生きていけばいいんだよ。」

「高校生になれば、通信制(つうしんせい)高校やフリースクール、
いわゆる大検(だいけん)など選択肢(せんたくし)が広がります。
何よりもアルバイトができる。お金をもらいながら、社会人にふさわしい訓練(くんれん)を受けられます。
お金を稼(かせ)ぐということは自由を手に入れるということ。
その先に「ああ、生きててよかった」と思える社会が必ず待っています。」

妙に説得力があるのは、西原理恵子さん(サイバラ)自身が
学歴は高校中退(土佐女子高、)その後大検合格→武蔵美卒で
恨ミシュランなどの漫画や映画、ドラマがヒットで
高校に行かなくても生き延びられる事を証明しているからですね。
と言っても波瀾万丈の人生で、MXテレビでの放送事故でのコメンテーター辞任など
がありますが(汗)。

逃げてもまた繰り返すだけだとの批判もあるけど
18歳くらいまで生き延びれば同じ年令のいじめっ子たちも
少しは大人になっていじめをやっていると言うことの重大さに
遅まきながら気付くはずだしね。

「少年兵は物事の重大さが分からず、簡単(かんたん)に人を殺しちゃう」
って発言してるけど、いじめっ子たちは精神的に子供だから
ひとをいじめるって置き換えられますね。

■西原理恵子 ブログ
http://ameblo.jp/saibararieko/
■Amazon

生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント (文春新書 868)

生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント (文春新書 868)

  • 作者: 西原 理恵子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2012/07/20
  • メディア: 新書



sponsor link


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
西原理恵子 生きる悪知恵 いじめ ブログトップ
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。